みんなの占い

みんなの占い体験談を紹介するブログ

横浜中華街の手相が当たってびっくり

10年ほど前、現在の夫と結婚したてで中華街へ行ったときのことです。おみやげ物屋さんを見たりしているときに、脇に入った道で占いをやっていました。
さまざまな怪しい雰囲気の占い師さんがいる中で、ものすごく真っ当な?背広姿のおじさんが手相占いをしていました。値段も相場かなという感じだったのと、二人一緒に占ってあげる、というのでお得かなと思い、占ってもらいましたw
そのとき、私たちはお互いに再婚同士でしたが、人目から見たらただの中年の夫婦にしか見えないと思ったのですが、占いに入る前に、そのおじさんは「ん? 二人は結婚してる?」と聞いてきました。
「はい」と答えると、そうなんだと怪訝そうでした。つまり、長年連れ添った夫婦感がないことがばれていました。
その後、二人の相性は普通だそうで(笑)、特に悪いことも良いこともないかな、と思ったとき、「奥さんは、これから色々あると思うけど、年行ってからも、お金に困ることはないよ。大金持ちにはならないけど、心配することはない。それから、もしかすると大金が入る可能性がある」と言われました。当たるといいね、と言いながら帰ってきました。
その後、夫の会社が倒産したり、実は大変なことは起こったのですが、不思議と援助してくれる友達がいたり、私によい就職先が見つかったり、確かに大変だけど、どん底に行くことはありませんでした。
そんな貧しいながら普通の生活が送れているありがたい毎日ですが、ある日、使っていない預金通帳を整理していたら、以前の結婚していたときの姓の通帳が見つかりました。
そこで、解約に行ったら、外貨預金通帳が付いていると言われて、それも一緒に解約してもらい、後日計算書が送ってこられました。そこにある数字は、一瞬頭の中が????になる桁数で、何が起こっているのか全くわかりませんでした。
バブルの時期の積立預金が、為替の関係もあり、ものすごい金額になっていました。このことが、あの占い師さんが行っていたことかどうかはわかりませんが、驚きと喜びで、顔がにやけて仕方ありませんでした。